• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

セカンドオピニオン

主治医以外の意見・判断をご自身の治療の参考にできます。

Second opinion

セカンドオピニオンとは

診断内容や治療法に関して主治医以外の医師の意見・判断を聞くことで、患者さんがご自身の治療に際しての参考にしていただくことが目的です。患者さんからのお話や主治医からの資料の範囲で判断することになります。新たな検査や治療は行いません。

患者さんへ

当院の患者さんの場合

他病院の医師の意見も聞きたいとのご要望を担当医に申し出ください。患者さんご自身にご要望の病院があり、かつその病院がセカンドオピニオンに対応できる場合にはそちらを紹介させていただきます(受け入れていない病院もあります)。

あるいは、当院から適切な他の病院を紹介いたします。その際、患者さんご本人のレントゲンや、CT写真、検査データなどをお持ちいただきます。

他の医院や病院を受診中の患者さんの場合

当院のセカンドオピニオンは予約制です。現在の担当医に当院のセカンドオピニオンを受けたい旨をご相談ください。その後当院地域医療連携室にご連絡いただき予約日時を設定させていただきます。

セカンドオピニオンの対象となる方

ご本人の受診を原則としますが「相談同意書」をお持ちになれば、ご家族だけでも受診が可能です。

相談可能な疾患

お申込みの相談内容について、セカンドオピニオン担当医があらかじめ判断したうえで、実際の受診の可否を決定いたします。内容によってはお断りする場合もありますのでご了承下さい。

セカンドオピニオンをお受けできない場合

  • 患者さんまたはご家族以外からの相談
  • 主治医への不満、医療事故及び医療訴訟に関する相談
  • 最初から当院で治療を希望している場合(この場合は一般外来を受診して下さい)や転院を希望している場合

相談時間及び料金

健康保険適用できません。すべて自費負担となります。

  • 30分まで…11,000円(税込)
  • 30分増す毎に…5,500円(税込)

※原則1時間以内とします。

相談までの流れ

完全予約制です。必ず事前にお問い合わせください。

  1. 現在の主治医にセカンドオピニオンを受けたいことを相談し、了解を得てください。
  2. お電話等で地域医療連携室にご連絡ください。
  3. 担当者がお話をうかがった後に、以下の書類をファックスまたは郵送します。
    (1)「セカンドオピニオンのご案内」
    (2)「セカンドオピニオン申込書」
    (3)「セカンドオピニオン相談同意書」
  4. 上記の(2)「セカンドオピニオン申込書」を地域医療連携室にファックスしてください。
  5. 地域医療連携室の担当者が担当医と相談し、相談日を調整後、ご連絡します。
  6. 現在の主治医に診療情報提供書(紹介状)の記入と検査等資料の貸し出しを依頼してください。
  7. セカンドオピニオン当日
    予約時間の30分前に来院し、地域医療連携室にお越しください。
    お持ちいただく物は下記の通りです。
    ・主治医からの診療情報提供書(紹介状)
    ・相談に必要な資料・・・できる限りの検査等資料を借りてお持ち下さい。
    ・セカンドオピニオン申込書
    ・ご家族のみが受診する場合・・・「相談同意書」、患者さんとの続柄を確認できる書類(健康保険書等)
  8. 相談
    セカンドオピニオンで相談した当日は、原則として一般外来の受診はできません。
  9. 相談終了後、当院から主治医宛に報告書を作成いたしますが、ご相談の内容と診療情報提供書の内容等から検討に時間を要する場合は、後日送付させていただきます。

お問い合わせ

能代厚生医療センター 地域医療連携室
受付時間 8:30~17:00(月曜日~金曜日:土・日・祝日・年末年始を除く)
TEL 0185-54-8893(直通)
FAX 0185-54-8894(直通)