• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

診療科別研修内容(病理診断科)

当院の医師臨床研修プログラム概要です。

Resident program

研修にあたって

当院は、能代・山本地域の第一次から第三次までの医療を行っている拠点病院である。病理の検体は、ほとんどすべての臓器にわたってみられ、バリエーションに富んでいる。患者さんひとりについても生検材料から手術材料の全てについて検討することが可能である。

当院には、秋田大学病理とのコンサルテーションが確立されており、難解症例については、週に1回、大学病院との検討会で検討を行っている。

将来臨床医となられる先生、基礎研究者となられる先生のいずれの先生にも役立つ研修となると思われる。

研修目標

  1. 病理学を通して、全身の臓器や疾病の理解を深める。
    各種臓器の生検材料、手術材料の観察と診断、および診断にいたるまでの流れを学ぶことができる。
  2. 剖検を通じて、人体の解剖、各種臓器の構造を再び学習することができる。
    剖検後に剖検レポートを作成し、臨床とのカンファレンス(CPC)を通じて疾病の概念、死亡原因についての論理的な考え方を学習することができる。
  3. 病理の実際の業務について理解する。
    細胞診断と組織診断の違いや標本作成の過程、免疫染色等について理解する。迅速診断の適応と限界について学習する。