• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

教育体制

当院看護部の教育体制について掲載しています。

Learning system

看護部教育

継続教育は、キャリアパスに基づき看護師個々のライフサイクルに応じ自発性を重視し、臨床実践能力(知識・技術・態度)の育成を支援しています。

教育理念

  1. 豊かな心と感性を持ち、時代の変化に即応し、安全で質の高い看護を提供できる。
  2. 倫理性・自律性のある看護者として成長できる。

教育目的

  1. 看護理念に則り、職員の主体的学習を支援し、専門職業人として時代の変化に即応できる人材を育成する。
  2. 質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する。
  3. 看護倫理に基づいた行動がとれるように人間性豊かな感性を育む。

教育について

先輩看護師の声

5B病棟

 私は産婦人科・レディース科病棟に勤務しています。能代山本管内では唯一の分娩可能施設です。分娩の介助、新生児の看護、術前術後の看護、化学療法、高齢患者の日常生活援助など様々な看護を経験することができる病棟です。
 また、プリセプター・エルダーの先輩だけでなく病棟全体で育ててくれるため、たくさんの先輩からアドバイスをもらい見守られながら成長できます。夜勤時も初めて経験する処置の時も安心して取り組めています。
 今年2年目になり1人でできることも増えてきましたが、今後も知識を深めるため勉強をして、先輩たちからたくさん技術を吸収したいと思います。ぜひ私たちと一緒に働いてみませんか?(入職2年目)

6B病棟

 私は、呼吸器内科・呼吸器外科・耳鼻科の混合病棟に勤務しています。病棟の特徴として、呼吸器内科・呼吸器外科ともに胸腔穿刺や胸腔ドレーン挿入などの処置介助があり、呼吸器外科は毎週手術があるため、術前・術後の看護やドレーン管理、終末期では苦痛緩和の援助を学ぶことができます。がんの治療は、手術や化学療法、放射線療法など様々ですが、多職種で連携し、患者さんが望む生活を送ることができるよう取り組んでいます。
 急性期から終末期まで幅広い患者さんを対象としていますが、患者さんとご家族に寄り添った看護が提供できるよう、日頃の業務の中で先輩方から丁寧な指導をいただき、病棟での勉強会で知識や技術を深めることができるため、スキルアップできる環境が整っています。ぜひ6B病棟で一緒に楽しく働いてみませんか?(入職2年目)

7A病棟

 私は、消化器内科、脳神経外科の混合病棟に勤務しています。病棟の特徴としては、緊急入院や検査件数が多いことです。消化器内科は、上部、下部消化管、肝胆膵疾患の患者さんが入院されるため、幅広い知識が必要だと感じています。また、検査前後の看護や検査介助を学ぶことが出来ます。
 脳神経外科は、脳血管疾患・頭部外傷・脳腫瘍などの急性期、周術期の患者さんが入院されます。血圧管理や麻痺、言語障害の変動、術後のドレーン管理などとても管理が難しいですが優しい先輩の指導の下、毎日頑張っています。
まだまだ、力不足ではありますが患者さんの小さな変化に気づき、患者さんのより近い存在でいられるよう日々努力していきたいと思います。
 ぜひ、7A病棟で一緒に働いてみませんか?(入職2年目)